『布とつくる のびやかなココロとカラダ』
布ナプキン・マスク・ストール・ふんどしなど、綿素材の衣類雑貨を製作販売しています
ショップへは右のピンクバナーからお入りください
<< 光日(みつび) | main | 大人な音たち >>
生地と肌の関係
商品を直接手に取ることができないのが、
ネットショップの弱み。
色や形はまだしも、肌ざわりを文章で表すのが難し〜い。

ふ・ふ・ふん 〆小町
を購入されたお客様から
生地についてのこのようなメールをいただきました。
お使いいただいたのは、一番人気の水玉ちゃんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
〆小町についてですが、
開放感はすごく良かったです!

私は最近になって
肌が弱くなってしまって
このままだとお尻が腐る!と思ってたので(笑)

ただ使うと生地がパリッとしてるので若干ゴワゴワ?します。
もちろん洗った後に使ったんですが
布ナプキンみたいにガーゼやネルなどの柔らかめで薄い生地の素材なら
もっと肌当たりも優しいんじゃないかと思いました。

なのでそんなふんどしが出来たら絶対買います!笑

(東京都 Mさん)
ご本人のご承諾を得て掲載しています
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お尻が腐るという表現。わかります〜!
私もかつて、全身腐るんじゃないかと思ったことがあったから。

重度のアトピー経験がある方はご存知でしょうけど
リンパ液だらだらの痒さ、痛さ、熱さの
何とも言えない不快感と独特なにおい、すごいんですよ。
自分のにおいで気分悪くなってきたりしてね。

あの頃
「いつかよくなるから我慢して」と言われたけど
よくなるまでの数ヶ月、数年間をどう過ごせばいいの?
つらい症状を、衣類で何とかケアできないものか。
と、毎日毎日想ってました。
そんな想いがapifasを作りました。
ショップ名のapi・fasは アトピー+ファッションです。

私はさまざまな皮膚症状を体験しているので、
ご注文前に皮膚の状態を教えていただければ
どの素材がよいのか、ある程度は判断できますよ。
どうぞご遠慮なくメールしてくださいね。

皮膚の状態によっては、
肌ざわりのよいガーゼが、貼り付きやすくてだめだったり、
風通しのよいサッカーが、刺激に感じてしまったり、
パイルやネルの毛羽立ちが不快だったり、
健康な肌の人には理解しがたい状況が起こってきます。
「がさがさなの」「ぱんぱんなの」「汁出てるの」
そういうあいまいな表現でOKです。
しっかりキャッチできますから(笑)

メールのMさんは、アトピーではないのかもしれないけど
肌トラブルがあると気分が滅入りますよね。
買ったのにまだ縫ってないガーゼやオーガニックコットン
早く縫わなきゃ。
いつか、つるりんとしたお尻になりますように・・・。
ご意見いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ人気blogランキングに登録しています
ハンドメイドショップ部門、本日36位です
 
| mayu | apifas(布製品のお店) | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
   
PROFILE


  My Shop

 
アトピーな日々

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
このページの先頭へ