『布とつくる のびやかなココロとカラダ』
布ナプキン・マスク・ストール・ふんどしなど、綿素材の衣類雑貨を製作販売しています
ショップへは右のピンクバナーからお入りください
<< 新カテゴリー | main | 幼い記憶・4 >>
幼い記憶・3
幼稚園の帰り、私とよっちゃんは
りさちゃんの家に遊びに行く約束をした。
しっかり者のりさちゃんは、クラスでもお姉さん的な存在で、
先生のお気に入りだった。
背が高くて髪が短くてボーイッシュなところが、
リボンの騎士のサファイア王子に似ていた。

りさちゃんの家は幼稚園から一番遠いところにあった。
背の順に並ぶと1番前がよっちゃん、2番目が私。
小さい2人は歩くのが遅く、思ったより時間がかかり、
約束していた時間に少し遅れてしまった。

「あんたら、なんで遅かったん?」
「私らと遊びたくなかったん?」

りさちゃんと、その傍にいつも家来のようにくっついていた
きみちゃんが言った。
遅れて行ったことは悪かったけど、遊びたくなかったわけじゃない。
でも怒っている2人の顔を見ると、そのことがうまく説明できなかった。
2人は私とよっちゃんを、土の上に座らせた。

「罰として土を食べなさい!」

何を言われているのかわからなかった。
ほんの少し遅れたことが、罰を受けるほど悪いことだとは思えなかったし、
どうしてそんなことを思いつくのかもわからない。
それに、ばい菌がいっぱいの土を食べるなんて絶対に嫌だった。

帰ろうと思った。
もしもずっと口を利いてくれなくなっても、帰るつもりだった。

隣にいたよっちゃんが、泣きながら土を口に入れた。
りさちゃんはそれで気がすんだのか
「まゆちゃんは食べなくていいよ」と言った。
2人とも遅れて行ったのに、私だけ土を食べなくてすんだ。

重い空気の中、少しだけ遊んで家に帰った。
帰り道、2人とも土を食べたことはひと言も話さなかった。
私はよっちゃんに何を言っていいのかわからなかった。
いろんな気持ちが私の中でぐるぐる回っていた。

次の日、幼稚園に行った。
りさちゃんときみちゃんは、何事もなかったかのように
私に話しかけてきた。よっちゃんにも普通に話しかけていた。
でも私は、よっちゃんとはそれから何日も遊べなかった。


−−つづく−−
| mayu | 幼い記憶 | 13:44 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
まず、mayuさんの記憶力に脱帽!
私も記憶力のnanakoと言われていたんだけど、
というよりも、記憶力だけのnanakoが正しいのですが・・。

それでも、幼稚園のころのこと、
こんなに覚えていないです。

読んでたら、そのりさちゃんとかいう子に
腹が立ってきて・・・。
大人の社会にもいるよね。
こういう人・・・。

mayuさんがよっちゃんと遊べなかった気持ち、
わかるような気がする。
| nanako | 2006/12/28 3:35 PM |
女の子って小さくても思考とかが「女」独特の
ねちこさや、腹黒さが、もう幼稚園くらいから
あるんだよなあ〜と読んでて思い出したよ色々。
皆で土下座させられたことあるわ〜意地悪い子に。
理由はやはりしょうがない亊だったと思う。

親の教育じゃどうしようもない性根の悪さとか
あるのかなあ「じゃ土食べて」とか言うかな普通。
子供独特の恐さかもしれない。




| かのこ | 2006/12/28 4:52 PM |
こんにちは〜♪
何だか目に見えるようで、mayuさんすごいね、文章力。
で、これ実話なんだよね。
子供って本来残酷なんだよね。
怖いもの知らずの子は、きついこと平気で言うし。
無邪気な所があるかと思えば、へんな方向へどんどん突き進んじゃうこともあるし。
うまれ持った性根の悪さもあるかもしれないけれど、そうなっちゃう環境もかなりあるんじゃないかな。
りさちゃん、きみちゃん、よっちゃんはその後どんな大人になったのかなあ?
| かわしの | 2006/12/28 5:41 PM |
nanakoさん
怖いのは、こんな酷いことをしてるのに、
やった側は何も気にしてないってこと。
いじめってこうやってエスカレートしていくんだよね。
でもこの場合、食べてしまったよっちゃんも
嫌だと言わなかった私もよくないんだよ。

かのこ
何かしたから罰ならわかるけど、これは単なる意地悪だよね。
土を食べろという発想がどこから出てきたのか
今でもわからないよ。
あ、よっちゃん(仮名)は、かのこもよく知ってる子です。

かわしのさん
私、今でも自分がどんな格好で座ってたか覚えてるほど
強烈なできごとだったんです。実話なところが怖いよね。
りさちゃんちは結構複雑な環境で、わからなくもないんだよね。
こうやって自分の存在を確かめていたのかな、と今なら思えるの。
| mayu | 2006/12/28 6:36 PM |
ホントにすごい記憶力だね。それほどインパクトが強かったってことだね。
私の保育園時代は平和だったなぁ〜という印象。
良いことも悪いことも、ほとんど覚えちゃいないよ。
ひょっとしたらここまでいかずとも、いろんな事をされたり言われたり、また、人にも言っていたのかもしれないね。
mayuさんのように記憶力の良い私の保育園時代の友達が、今でも「あの時Mちゃん(私)がこんなふうに言った、くそぉ〜!」とたまに思い出してたりして。。。
覚えてないというのも、ある意味、怖い。
| めりはり | 2006/12/28 8:19 PM |
なんでこんなに覚えてるのか、自分でも不思議。
田舎で他にインパクトのあるできごとがなかったんだろうか?
人にされたことばっかり覚えてるけど、
私もいっぱい人が傷つくことをしてたんだろうね。
でも小さい時にそういうことを経験するのは
やっぱり大切なんだと思う。
大人になってから陰湿ないじめをするよりいいよ。
| mayu | 2006/12/28 9:52 PM |









http://blog.apifas.com/trackback/441808
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
   
PROFILE


  My Shop

 
アトピーな日々

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
このページの先頭へ