『布とつくる のびやかなココロとカラダ』
布ナプキン・マスク・ストール・ふんどしなど、綿素材の衣類雑貨を製作販売しています
ショップへは右のピンクバナーからお入りください
<< 幼い記憶・6 | main | 熱烈歓迎 >>
幼い記憶・7
小学校に上がる少し前、隣にかよちゃんが引っ越して来た。
かよちゃんは1つ年上で、目が大きくて色が黒くて、
エキゾチックな顔立ちをしていた。
弟と妹がいるお姉ちゃんだったからか、とても大人びていた。
お母さんはハキハキした活発な人で、おっとりした私の母とは
なぜか気が合った。私たち家族はすぐに仲良くなった。

かよちゃんはよく気がつく優しい子だった。
私が知らないこともいっぱい知っていて、遊んでいると楽しかった。

ある日、公園でブランコに乗っていると、ようこちゃんがやって来た。
「まゆちゃん、私とかよちゃんのどっちが好きなの?」

答えられなかった。
かよちゃんはかよちゃんで、ようこちゃんはようこちゃんなのに、
そんなことを聞かれても答えようがなかった。

「言えないなら、ここに名前を書いて!」
土に文字を書くための棒を渡された。
私は棒を持ったまま、ずっとその場に立っていた。
浜からの風に揺れるブランコの、ギリギリと錆びた音が響いた。
あたりはだんだんと薄暗くなっていった。

かよちゃんが私の耳元で言った。
「まゆちゃん、"ようこちゃん"と書いておうちに帰って」

そうすれば、ようこちゃんの気がすむことはわかっていた。
だけど、かよちゃんの前で嘘をつくのは絶対に嫌だった。
いっそのこと"かよちゃん"と書いてしまおうか・・・・
でもそんなことをしたら、ようこちゃんを深く傷つけてしまう。
私はいたたまれなくなって、その場から逃げ出した。

家に帰って少しして、ようこちゃんが1人で家に来た。
「おばちゃ〜ん、まゆちゃん帰ってる?」
私は母に「出たくない」と言った。
ようこちゃんは帰って行った。

「どうしたの?けんかしたの?」

「なんでもない」

その後も母は私に何も聞かなかった。
この複雑な気持ちは、誰にも説明することができなかった。
| mayu | 幼い記憶 | 08:39 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
「ところで、次の幼い記憶はいつ?」と、よっぽど尋ねようかと思っていた私。待ってました〜!
毎度の事ながら、mayuさんの記憶力に脱帽。
子供だって色々あるんだよね。
| めりはり | 2007/02/25 10:30 PM |
なんか読んでると幼い頃の自分の記憶も
色々思い出すんで不思議。
あの頃の親って、今みたいに子供のことに
口出さなかったよなあ〜喧嘩しても自分らで解決だったし。
(怪我させてりしたりは親出てきたけど)

| かのこ | 2007/02/26 2:46 PM |
めりはりさん
まだまだあるよ〜。
私の面白い記憶と生々しい子供の感性(笑)
記憶シリーズはストックがあと3話あるけど
もったいぶって小出しにします。

かのこ
子供にも大人にはわからない子供の世界があるよね。
きっと似たようなことがあちこちで繰り広げられてるはず。
○○ちゃんを取ったとか取られたとか言ってなかった?
女の子って独占欲が強いのか、陰湿なものがあったよね。
| mayu | 2007/02/26 8:00 PM |









http://blog.apifas.com/trackback/441866
エコレーヌ
驚きの美容液エコレーヌ!45分で10歳の若返り!
| エコレーヌ | 2007/02/25 11:27 PM |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
   
PROFILE


  My Shop

 
アトピーな日々

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
このページの先頭へ